「まんがでわかるLinux シス管系女子」を読む。

例によってマンガとしては別に面白くはない。毎回ダジャレを突っ込んでくるところとかもちょっと寒い。けど、著者自身があとがきで書いてるように、自分の経験を基にlinuxを使い始めた人が躓きやすいところとか、実業務で必要になりそうなことをコマンドに落とし込んで紹介する辺りは結構ためになる。特に、cut、sort、uniqueのコマンドを使ってappachのアクセスログを解析して訪問回数の多いページを集計してランキングにする、とかは参考になった。特に、今はインフラエンジニアとして再就職しようかと思ってるので、この辺の知識は今からrubyとかPHPとか学び直すより戦略としても重要かなと思い直した。個人的には多少すでにインフラ管理のためにlinuxに触れていることもあり、この本の前半、中盤位は既に知っていることがメインだったが、初めての人には全然お勧めできる内容だった。シス管系女子はシリーズ化しており、続編はもっと複雑なbashスクリプトとかを扱っているみたいなので再就職までに引き続き読みこんで基本的なことは出来るようになっておこうと思う。

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門〈GitHub、Bitbucket、SourceTree〉」を読む。

これもマンガとしては滑ってて面白くないんだけど、とりあえず絵や図がたくさんでポチポチとボタンを押すだけでGitの使い方が多少掴めた。昔VSSを使ってバージョン管理はやっていたので、それのインターネット版って感じなんだな、という。誰でも自由にアクセス出来て、公開しているソフトウェアとかを見ず知らずの人がフォークして改良してくれたりとかOSSの思想が生きてるし、案件のメンバーにプルリクエストしてレビュー依頼ができたり、コミュニケーション手段としても機能しているっていうのがVSSの時より進化してるかなという。後、この本の内容自体がGit上にリポジトリされているという何かメタ小説みたいな構造になっている。